競馬は大学生の頃から現在まで遊び程度に馬券を購入しています。

なお、私は競馬において、武豊騎手が大好きで、馬券を購入しない時でも、武豊騎手の結果だけは絶えずリアルタイムでウォッチするほど大ファンです。

どこが好きかというとなかなか難しいですが、成績は言うまでもなく、偉大で今後も並ぶものが現れないと思われるほどですが、そんな偉大さをかざすことなく、いつも飄々として、それでいて気さくな面白みある性格に引かれるのだと思います。

まさに、野球で言うところの長島であり、競馬界のスーパースターに他ならないのだと思います。

そんな武豊騎手ですが、少し前まで、これまでの成績がウソのように不振に陥りました。

不振というよりも、気乗馬が集まらず、勝てる馬に乗れないといった感じです。

きっかけは、ザタイキという競走馬に騎乗時に落馬したことでした。

早期に復帰したものの、完治していない状況で復帰したため、期待馬に騎乗してもなかなか勝てないことになり、追えない騎手のイメージが徐々に大手の馬主に浸透して、結果勝てる馬の騎乗依頼が無くなった感じでした。

怪我が完治した後も、一度浸透したイメージはなかなか払拭することができず、本人が一番辛かったと思いますが、本当にファンとしては辛い時期が続きました。

そんな時期を脱却することにつながったのが、やはりキズナとの出会いであり、キズナに騎乗したダービーの優勝だったと思います。

私の一番嬉しかったのは、まさに復活につながったこのキズナによるダービーの制覇なのですが、その過程も一筋縄ではなかったので、感激も尋常ではない感動でした。

佐藤騎手の落馬により、キズナの騎乗依頼が来たのですが、ラジオ日経杯、弥生賞と立て続けにキズナは敗れることになりました。

この時点で騎手の変更も噂されましたが、前田オーナーは武豊騎手の継続騎乗決めて、皐月賞はパスして、毎日杯、京都新聞杯を圧勝します。

そしてダービーでは、道中は後方にドンと構えて、届かないような位置から、エピファネイアーを見事差しきりました。

私はテレビで見ていましたが、本当に嬉しく、こぶしを強く握り、ガッツポーズをすると共に、絶叫していました。

その後、武豊騎手への騎乗依頼は徐々に回復し、昔のように若くはないため、リーディング争いはしていないですが、主要なレースで、存在感を発揮し、間もなく前人未到の4000勝に到達しそうです。

まさに武豊騎手の復活につながったキズナのダービーが私の最高のレースです。